セラミドは水を挟み込んでバリア機能アップ

セラミドは肌の表面近くの角質層にある保湿成分で、細胞と細胞の間に水を挟み込む役割をしています。この働きを持つ成分を角質細胞間脂質と呼びますが、セラミドは角質細胞間脂質の約50%を占めていて、肌の水分をキープすると共に外からの刺激から守るというバリア機能の働きも兼ねています。そのため肌の潤いを改善すると同時に、摩擦などにより赤みやかゆみを抑えることが期待できます。セラミドには天然や植物性、合成などの種類がありますが、ヒト型セラミドを選ぶことで肌馴染みを良くすることが可能です。

コラーゲンで肌の新陳代謝をアップさせよう

コラーゲンは角質層よりも肌の奥深くの真皮にある保湿成分で、線維芽細胞で作られます。水分を抱え込む働きがあるため、化粧水などで補っていくことで肌の張りやツヤを改善することが期待できます。これに加えて肌が潤うことで低下してしまった肌の新陳代謝を上げることも可能で、肌のくすみやたるみのケアにも最適です。そのためエイジングケアアイテムとして高い人気を集めています。

ヒアルロン酸はライン使いしやすい

ヒアルロン酸はコラーゲンと同様に真皮にある保湿成分で、水を保持する働きに優れています。そのため積極的に補っていくことで、プルプルとした弾力のある柔らかい肌に仕上げることが期待できます。ヒアルロン酸は水分の多い化粧水に加えて、油分の多い乳液やクリームとの相性も良いというメリットがあります。そのためスキンケアアイテムをライン使いすることで、より効果を高めることが可能です。さらに分子が小さく加工されたものを選ぶことで、肌の潤い効果を上げられるのが魅力です。

品川美容外科の提訴について詳しく